8月の芝居

 今年の夏は暑いですね。夏は恒例の歌舞伎座3部制です。料金も少しお安いし、観劇時間も短いのは我々シルバー世代には有り難いです。

「輝虎配膳」と「たぬき」の第2部を観ました。

 「輝虎配膳」は東京ではあまりやりませんが(私も初めて見ました)松島屋の仁左衛門、我當などがやっています。
 「二十四孝」とおなじ上杉、武田の話ですが武田の軍師勘助を味方に入れようと勘助の母越路の娘お勝がを直江山城の妻になっているので、娘に会わせるという名目で招き輝虎自身が饗応するが、越路はこの婆で軍師を釣るのかとお膳を蹴飛ばしてやりたい放題、怒った輝元が刀に手をかけるが言葉の不自由なお勝が琴でそれを押しとどめ輝虎も刀を納めるというまぁ話としてはあまり面白くないが、役者はそれぞれ見せ場があります。
 橋之助の輝虎が立派でかねてやってみたいと言うだけあって荒気の大将の風格を見せます。驚いたのは越路をやった萬次郎で、輝虎に対して時代物の老け役として貫禄でも演技でも一歩もヒケを取りません。これなら盛綱陣屋の微妙でも太閤記十段目の皐月でも観てみたいモノです。

 「たぬき」は大佛次郎が昭和28年菊五郎劇団の松緑にあて書いた物で、道楽者の金兵衛を松緑(二)その相棒の幇間を左團次(3)のコンビをかすかに覚えています。今回は三津五郎と勘九郎で三津五郎が元気なのが何よりです。序幕の焼き場の場面が一番面白く、あとになるにつれ話のツジツマあわせに無理があるようで終幕もまとまりなく終わってしまったように
感じます。昔はどうだったのかなぁ、まだ歌舞伎見始めの頃で古いことなのであまり覚えていません。

 「雀右衛門三回忌追善舞踊会(国立小劇場)8/21
もう三回忌になるんですね。雀右衛門については前にブログに書いたことがあるので(ここをクリックする)観て下さい。京屋一門も息子の友右衛門、芝雀、孫の廣太郎、広松、門弟の京蔵、京妙、はじめ女形が揃っています。鏡獅子を踊った芝雀が良かったです。胡蝶を踊った若い京珠、京由まで京屋一門の女形は皆キレイです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック