テーマ:観劇(歌舞伎以外)

スタンディングオベーション

花組芝居でもう一つ感心したことがあります。 最後の場面、お孝が赤熊を刺し自害して暗転、明るくなると出演者全員舞台にそろい一人ずつ一礼して静かに退場。 普通のこういう芝居ではここで役者は客席の拍手に応え再登場、しかもそれを延々と繰り返すのですが、花組ではそれはなく、場内が明るくなってそれで終わりでした。 これは大変珍しいことでここら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花組芝居「泉鏡花の日本橋」

世田谷三軒茶屋トラムシアターの花組芝居「泉鏡花の日本橋」をみてきました。 花組芝居とは加納幸和さんという方が主宰している劇団で泉鏡花の作品などを中心に年数回の公演をやっています。 団員は20名ほどですべて男です。 さて「日本橋」ですが新派のそれとは大分違います。舞台も両側に二重の屋台で二重には梯子がかかっていてそれに中央に低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more